360°カスタムバーチャルツアー

大きな施設はストリートビュー だけでは不完全

ストリートビュー は有用ですが、大きな施設になった時にはあまり役にたちません。なぜかと言えば、ストリートビュー だけではどこにいるのか分からないのです。どこか知らない洞窟の中に入って行くように、どこまでこのパノラマツアーが続くのか?どんな部屋や通路が待っているのか分からないのです。見ているユーザーはそんなに暇では無いので、ある程度見た所で止めてしまうのです。

サービス名
  • わかりやすさ
  • アイコン表示
  • 写真の表示
  • 動画の表示
  • 文字の表示
ストリートビュー
  • どこにいるのか分からない
360°CVT
  • どこにいるのか分かる
  • OK
  • OK
  • OK
  • OK

ユーザーが探しているものは何か?

ユーザーは探し物が見つかった時にお客様と変身してくれます。探しているものはどんな施設があって、その施設があることにより目的の行為(食べる、癒される、楽しめる等)がどんな空間で出来るのか?家族や友人と訪れる場所が希望に合っているか(庶民的なのか?高級なのか?)等です。言葉を変えれば「このお店に決めた」という決めてが欲しいのです。決めては価格やサービス、住所やお店の雰囲気などお店の特徴によっていくつかあると思いますが、その要素のひとつにバーチャルツアーは数えられます。パノラマ数が10ポイント以下であればストリートビュー で全て見てもらって構わないと思います。しかし、大規模な施設となった場合はすぐに全貌を理解しやすいコンテンツが必要です。例えば店内一覧のメニューやマップをクリックすることで素早く見たい店内の場所へといったコンテンツです。

カスタムバーチャルツアーを作成する。

上の動画は360°CVTです。お店のWEBSIteに今までにないコンテンツを追加します。ストリートビュー をWEBSITEに埋め込んで利用している方はいますが、このようなバーチャルツアーを埋め込んでいるWEBSITEをほとんど見ません。ユーザーにとって便利なのが、左のメニューや右のマップを見ただけで直感的にお店や施設の全貌が掴める事です。未知の洞窟に入ったような不安感はありません。WEBSITEのユーザーが興味のあるところをクリックした瞬間にお客様となってもらえるかも知れません。積極的にWEBSITEの中のコンテンツと連携して利用するのがベストです。使い方はWEBSITEのバナーをクリックすることにより新しいウインドウで全画面表示させたり、WEBSITEに埋め込んで利用します。

制作実績の紹介

実際の360°CVTをご覧ください(モバイルにも対応しています)

緑の風リゾート様
あすかの森認定こども園様
ドスパラ札幌様
ドスパラ難波店様
大助本店様
大助四条店様
北の味大助様
鮨蟹大助別亭様
家庭料理大助様
立ち呑み処大助様
パパスランドさっつる様
宮田屋珈琲美しが丘店様
鹿部カントリークラブ様
Skye Niseko様
おたる政寿司本店様