360°CTV

360°カスタムバーチャルツアー(360°CVT)

ストリートビューはお店のマイビジネスと関連づけられていますので大変重要です。
しかし、お店のWEBSITEの中に埋め込んで使うには不便な面があります。
まず、どんな施設があるのか、どんな部屋があるのか全部回らなければわからないことです。
お客様からしてみれば何回クリックさせられるのかわからないので面倒に感じてしまい、見ることをやめます。
次に、ストリートビューの中にはアイコンや画像、動画などを表示できないことです。
基本的に店内を見せるのでパノラマ写真だけで良いのですが、そこに写真や動画を埋め込むとお客様の「知りたい気持ち」を満足させることができます。
主に以上の2点の問題を解決する手段が360°CVTです。

サービス名
  • わかりやすさ
  • アイコン表示
  • 写真の表示
  • 動画の表示
  • 文字の表示
ストリートビュー
  • どこにいるのか分からない
360°CVT
  • どこにいるのか分かる
  • OK
  • OK
  • OK
  • OK
miyataya_cvt

制作例1 宮田屋珈琲美しが丘店様

マップメニュー、サムネイルメニュー、サイドメニューを搭載していますので「どんな施設があるのか?」「どんな見取り図なのか?」「1階、2階の2フロアあること」「豆の販売コーナーがあること」「サンドイッチが食べられること」など直感的にわかります。
それに加えて、ウインドウを加えることができます。ウインドウの中には動画、写真、文章を配置できます。宮田屋珈琲美しが丘店様は席に特徴があり、お好みの席を電話予約できるようにテーブルナンバーを表示しています。

宮田屋様の360°CVTはこちら

制作例2 道の駅パパスランドさっつる様

パパスランドさっつる様の360°CVTの中で特徴的なのが周辺観光地のパノラマを組み込んでいるところです。
コバルトブルーの神の子池、サクラマスが滝登りしている様が見学できるサクラの滝、摩周湖を裏側から展望する裏摩周など見所があります。
その観光地を360°CVTに組み込んで拠点の道の駅として使ってくださいというメッセージを発信しています。
パノラマだけではなく、それぞれの観光地のインフォメーションや動画も埋め込まれています。

パパスランドさっつる様の360°CVTはこちら

パパスランドさっつる_360°CVT