パノラマツアー用の写真は様々な用途で使える

文字入れ用に右側を開けた写真

ストリートビュー 撮影とともに人物や料理、商品の写真撮影も受注しています。ストリートビュー も写真も動画も360°CVTのパーツとして撮らせてもらっています。360°CVT用の写真ですが、お店のメニューやポスターに使ったり、フェイスブックやツイッター、インスタなどで紹介したりGoogleマイビジネスに投稿したりと色々と使えます。今回は写真について紹介いたします。

メニューを見せる写真

メニューの写真はハッキリと綺麗に撮影する必要があります。ここではストロボを利用して撮影しています。料理や商品のどこにフォーカスしてどこをボカすのかあらかじめ決めて撮影します。また、どこを明るくして、どこに影を作るのかを決めて撮影します。立体的にしかし、黒つぶれも白飛びも無く細部を鮮明に写します。

私のお店のストーリーは。

ストーリを感じる写真

ストーリーを感じる写真は短いコピーと合わせると効果的です?人というのは写真に写っていない次に起こることまでを想像します。自分でした想像に興味が沸いたら写真に続く文章を読んだり、動画を見たり、実際に来店したりします。情報が氾濫している時代ですので、このようなひと目でお店の特徴を理解できる、または想像できるストーリーを感じる写真は重要な広告手段となり、あなたのお店への入口となります。

高級感のある写真

高級感のある写真

ストロボ撮影をしているのですが、光の質を調整して高級感のある写真を作成します。写真は珈琲豆なのですが立体的で鮮明に写しています。このような写真は背景も大切です。