360°CVT導入リスト

360°CVTはただ単にパノラマ写真をつなげたものではありません。
左上に見せたい場所のリストがあり、右上にはマップがあります。
下部にはご家族や友達、またはお客様にすぐに360°CVTを共有できるQRコードやGoogleマップ、WEBサイトへのリンクボタンなどが並びます。
ご希望により日本語と英語の切り替えも搭載可能です。
最寄駅からの道筋や離れた駐車場などへのご案内にも優れています。
ご導入いただいている企業様の360°CVTを下記に紹介しておりますので、どんな機能が盛り込まれているのかご覧ください。
また、パノラマ写真の解像感と移動アイコンによるパノラマ切り替え時の表示スピードのバランスにも気を配っているため、パノラマからパノラマへの表示は速いのにクッキリと綺麗に表示されます。
色調整、輝度差のある窓の外の景色の残り方なども合わせてご覧ください。

パノラマニセコの360°CVT
パノラマニセコ様
日英切り替え・動画埋め込み・QR共有
The Westin Rusutsu Resortの360°CVT
The Westin Rusutsu Resort様
日英切り替え・QR共有
スカイニセコの360°VR
スカイニセコ様
動画埋め込み
ルタオパトスの360°CVT
ルタオパトス様
日英切り替え・QR共有
フェーリエンドルフの360°CVT
フェーリエンドルフ様
マップに目的地ライン・QR共有
ゆにガーデンの360°CVT
ゆにガーデン様
季節切り替え・QR共有
つきさむ温泉の360°VR
つきさむ温泉様
日英切り替え
札幌光星中学校・高等学校の360°CVT
札幌光星中学校・高等学校様
QR共有
宮田屋大通店の360°CVT
宮田屋大通店様
飲食メニュー・日英切り替え・QR共有
宮田屋大通店の360°CVT
宮田屋大通店様
日飲食メニュー・日英切り替え・QR共有
アリス保育園の360°VR
アリス保育園様
QR共有
創作旬菜NEXTの360°CVT
創作旬菜NEXT様
駐車場への案内
麺屋おざわの360°CVT
麺屋おざわ様
駐車場への案内
麺処まるは RISEの360°CVT
麺処まるは RISE様
日英切り替え・飲食メニュー
麺処まるは ビヨンドの360°VR
麺処まるは Beyond様
日英切り替え・飲食メニュー
チャットレディーagehaの360°CVT
チャットレディーageha様
日英切り替え・QR共有
大助本店オートナビ
ろばた大助本店様
オートナビ搭載・QR共有・LINE共有・日英切り替え・WEBへ組み込み
オートナビ駐車場
張家口様(サンプル)
オートナビ搭載
札幌大学の360°CVT
札幌大学様
ことぶきの湯の360°CVT
ルスツ温泉・・ことぶきの湯様
天然豊浦温泉しおさい
天然豊浦温泉しおさい様
アリビオもみじ台
アリビオもみじ台様
道の駅メルヘンの丘めまんべつの360°VR
道の駅メルヘンの丘めまんべつ様
保険ステーションの360°VR
保険ステーション様
緑の風リゾートの360°VR
緑の風リゾート様
政寿司本店の360°VR
小樽 政寿司本店様
中村屋の360°VR
漁師の店 中村屋様
ももハウスの360°CVT
ももハウス様
ベイアニエスの360°VR
ベイアニエス様
あすかの森認定こども園の360°VR
あすかの森認定こども園様
函館厚生院看護専門学校の360°VR
函館厚生院看護専門学校様
Colors Hairの360°VR
Colors Hair様
モモタロウの360°VR
モモタロウ様
永楽荘の360°VR
永楽荘様
豊寿360°VR
豊寿様
ケンゆのかわの360°VR
ケンゆのかわ様
百楽荘の360°VR
百楽荘様
緑函館厚生院ななえ新病院の360°VR
函館厚生院ななえ新病院様
ドスパラ札幌の360°VR
ドスパラ札幌様
スパラ難波店の360°VR
ドスパラ難波店様

WEB内フルサイズ360°CVTの制作実績

WEBSITEのメニューからWEBSITEの1ページとして開けるため、自然な流れでお客様に見ていただくことが可能です。
可能であれば私たちはこの方法をおすすめしています。

漁師の店中村屋の360°CVT
漁師の店 中村屋様
近隣の絶景スポットMAP
宮田屋美しが丘店の360°CVT
宮田屋珈琲美しが丘店様
予約のための席番号
ろばた大助の360°CVT
ろばた大助様
オートNAVI搭載
パパスランドさっつるの360°CVT
パパスランドさっつる様
近隣の観光スポットMAP
360°CVTをWEBSITEに全画面で埋め込んだ利用方法です。
WEBSITEのメニューから360°CVTを呼び出せます。
お客様目線では、一通りWEBSITEの内容を把握したい場合、メニューを順番にクリックしていく事で頭の中で整理できます。
これにより、360°CVTをWEBSITEのコンテンツ群の一部と認識します。
クリックした時に別タブでWEBSITEのメニュー無しで開くとお客様はメニューを見失い少しだけ混乱します。
以上の理由により、この方法が一番お客様にとって優しい方法です。