• Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

最新の記事

第二はくちょう幼稚園

第二はくちょう幼稚園

苫小牧の大きな幼稚園第二はくちょう幼稚園を公開しました。 新しく増築した部分がとても綺麗でした。 給食室には本...
大助グループ
WEBSITE

大助グループ

大助グループさんは6店舗を撮らせていただきました。担当の方が気さくで本当に撮影しやすかったです。大助さんは海鮮...
鰊御殿
ツアーダッシュ

鰊御殿

鰊御殿さんは日本海に面した雪の街風の街寿都町にあります。 中は木を活かした作りで落ち着きます。 せっかく海の近...
ドスパラ札幌店
ツアーダッシュ

ドスパラ札幌店

ドスパラ札幌店さんはストリートビューの他に ツアーダッシュを納品しました。 各売り場の商品をアピールしたいとい...
馬門STREET957
ツアーダッシュ

馬門STREET957

馬門STREET957は栃木県にあるオシャレなショップ群です。 蕎麦屋さんの花鳥風月 イタリアンの海と大地 常...
お試しキャンペーン

ストリートビュー専門業者が解説する効果的な利用方法

「ストリートビュー」を導入したら広告効果はありますか?」

この質問をよく耳にしますが、答えは「はい」です。
しかし、注目を集めるという意味合いではありません。
注目を集める広告はGoogleアドワーズやフリーペーパー、CMなどがあります。
ストリートビューの広告効果とはこれらとは別の効果を生み出します。
ひと昔前までは消費者は「広告で気付き」「広告で比較」して、「来店して評価」するという流れでした。
ネットとスマートフォンの普及により、この考えのままでは消費者を掴みきれなくなりました。
現在はネット環境とスマートフォンのおかげで広告だけに頼った情報の少ない状態での比較はしません。
より多くの情報を一瞬で集め、どのお店に行くか比較検討します。
お店選びの流れは「広告で気付き」「ネットで比較」して「来店して評価」するという流れになってきています。
これはひとりでのお店選びだけではなく、2名以上の団体の時にもその中に1名でも検索する消費者がいたらお店選びの決定打となります。
ストリートビューはGoogleマップ、Googleマイビジネスと連携して広告後の消費者によるネット検索に対応します。
消費者が広告に注目した後、どのお店を選ぶのかはどんな情報をネット上に用意しておくのかが重要になります。
ストリートビューはインフラ

マイビジネスとかわからん!!という方も安心。
キャンペーンやってます。
お試しストリートビュー&マイビジネス導入レクチャーキャンペーン

Googleマイビジネスの情報を満載にする。

お店の広告を見たときに消費者は名前で検索したり、業種で検索します。
その時に使われる検索エンジンはほとんどがGoogleなのですが、
Google検索された時に目立って表示されるのが「Googleマイビジネス」です。

Googleマイビジネス

消費者が広告を見た後、店名で検索をしたらこのような画面が出てきます。
Googleマイビジネス登録をしておくと右側の赤の枠で囲った部分にお店の基本的な情報が表示されます。
その最上部の地図の部分がGoogleマップにリンクされています。
Google検索をした時にこのGoogleマイビジネスが出てこないと、それだけでライバル店より不利な状況となります。

Googleマイビジネスが無いとマップも出てこないのですが、
消費者はマップが無いと不便と感じその時点で候補から除外してしまう場合があります。
情報提供を怠るとライバル店との比較で負ける要素作ってしまいます。

Googleマップと並び、Googleマイビジネスの中に表示される要素で大切なのがストリートビューです。
Googleはより便利なサービスを提供するためストリートビューの室内版の提供を始めています。
外観、内観をVRで提供するため「ビル探し」「お店探し」で迷ったりしないと同時に、お店の中の雰囲気が事前に分かるので消費者は便利と感じます。
ストリートビューとGoogleマップは消費者に必要とされる基盤(インフラ)となり、
広告と消費者の来店の間にある情報のかたまり
です。
スマートフォンが普及しきった現在はGoogleマップとGoogleストリートビューは広告の前に構築しておく絶対に外してはいけないインフラとなりました。

無料登録Googleマイビジネス

広告のための基盤(インフラ)作りの第一歩、Googleマイビジネスに登録しましょう。
登録は簡単で無料です。
Googleマイビジネス

ネットの広告基盤が無いと消費者を逃す・・・

何の用意も無く、無闇に広告を出す人はあまりいないと思いますが、
普通はキャンペーンやイベント、お店の長所などを広告でアピールします。

それに合わせ、お店を綺麗にしたり、
飾り付けをしたり、新サービスでもてなしたりして
一度の広告でリピーターを増やす努力をします。
それで広告の度に固定客が増えていくのが理想です。

順序立てると

  1. 広告する。
  2. 検討中の消費者は他店の広告と比べる
  3. ネットを使って調べてどの店に行くか決める(Googleマイビジネス、Googleマップ、ストリートビュー、WEBSITE)
  4. 来店してサービスを受ける
  5. 満足度でリピートするかどうか決まる

ネットのない時代であれば、
1→2→4→5
でしたが、今は3が入ります。
この3番のネットを使って調べるというのが消費者を呼び込む上で非常に大切です。
この3番を消費者に魅力的で便利と感じてもらうことが「広告のための基盤の構築」となります。
便利なものは消費者の満足度を上げます。信頼を勝ち取りましょう!

この基盤でわかりやすいのはGoogleマップです。
例えば、同じサービスのお店が現在地から同距離にあったとします。
一方のお店はGoogleマップで出てくるお店、もう片方は出てこないお店。
この場合、どちらに来店するかは明らかです。

インフラ構築の効果

お店や企業に対する情報検索のうち 44% では、地図サービスが使用されています。

地図サービス
44%

こういった場所に関する検索のうち、平均 41% が店舗等の訪問につながります。

訪問率
41%

リスティング(ビジネス情報)に写真とバーチャル ツアーが入っていると、ユーザーの関心が 2 倍になります。

ユーザーの関心
200%

今の広告は「広告のための基盤」をしっかり構築していないと
消費者を逃してしまうのです。

ストリートビューは基盤のひとつです。
ストリートビューを導入するメリットは、

  • Googleマップで店名が検索されるとお店の情報と一緒にストリートビューのバナーが表示される。
  • 広告にストリートビューのQrコードを貼り付けるとダイレクトに外観や内観をスマートフォンで見せることができる。
  • ストリートビューの見せたい画面のURLを誰でもSNSやメッセンジャーで共有することができる。
  • WEBやブログに埋め込んであなたのWEB上でストリートビューを動かすことができる。
しっかり基盤を作ってから消費者を呼び込もう

広告効果を上げるためのインフラ構築の考え方は、少しでも興味を持ってもらった消費者を不快にさせず、快くここに行ってみようと思ってもらう事です。
そのため、他店より不便だったり情報が少なかったりするところが見えると不親切に感じたり、不信感を持ったりします。
まず、インフラ構築の第一歩は消費者の知りたい情報を過不足なく伝えるGoogleマイビジネスに細かく情報を載せましょう。

Googleマイビジネスは住所を載せると、Googleマップと連動して消費者の現在地からお店までの経路を表示し、徒歩、公共交通機関、自動車でどれだけの時間がかかるのか表示します。
この機能は便利なので使った事がある方は多いのではないでしょうか。
その他、電話番号、営業時間、WEBSITE、混んでいる時間帯、写真、そしてストリートビューが表示されます。

ストリートビューこの中で一番最後に追加されました。
作成のための技術が難しかった360°VRなので、とても高価な技術で5ポイントの撮影と作成に30〜50万円という価格が普通でした。
しかし、Google社がストリートビューを普及させたことにより格段に安くなりました。

現在、Googleマイビジネスやお店のサイト、ブログにストリートビューを追加する企業が増えてきました。 
情報はできる範囲でなるべく公開すると消費者の信頼度は上がりますのでストリートビューのー追加は信頼の向上につながります。

調べられた時がチャンス
Googleマップはアプリで使われる

Googleマップはスマートフォンのアプリで使用される事が多いのですが、その際にもGoogleマイビジネスは重要になります。
Googleマップアプリで検索して、少しスクロールするとストリートビューへのリンクが表示されます。
中の様子がスマートフォンでいつでもどこでも確認できます。
こうして消費者は訪問すべきお店を調べ、比較検討します。

Googleマップはお店へたどり着く常識となっていますが、地図だけでは迷ってしまう事が多々ありました。
例え知っている街並みでも正確なビルや店舗を頭に描くことができない時もあります。
これからはGoogleマップ→Googleストリートビューという流れで確認が行われます。

店名から地図にアクセスし、ストリートビューを見て「あぁ、あそこね」とイメージ出来るので迷う不安は無くなり「中はこんな感じなんだ」というように安心感と信頼感を勝ち取れます。

しかもこれは消費者が「困った時」にスマートフォンから即時にアクセス出来るため、助かったという気持ちが安心と信頼に結びつきます。
消費者が困った時にこそ、消費者の力になる努力をするべきです。
アクセスしてもらった時がチャンスなのです。

アプリでのGoogleマップ
当社が品質にこだわる理由

当社がこいう品質にこだわる理由は「長く使われるもの」だからです。
ストリートビューは一度導入されるとGoogle社に万が一があるまで使い続ける事ができます。
保守料等、ランニングコストもかからないので削除要請しない限り半永久的に使えると言っても過言ではありません。
そんなストリートビューですから、今できる最高品質の商品を納品させてもらっています。

低品質のストリートビューは見慣れないうちは気がつかないかも知れませんが必ず誰でも気がつきます。
低品質のストリートビューが増えている理由は「Google認定フォトグラファーは誰でもなれる」からです。

カメラを構えたことのない方でもなれます。
実際に当社は写真は素人という、たくさんの認定フォトグラファーを育成してきました。
その方達には当社の基準で全て教えていますので、当社の品質と変わらないストリートビューを作成できるので安心ですが、
一眼レフを使わずに認定フォトグラファーを取得し低品質のストリートビューを高品質と謳って販売されている方がいるのも事実です。

実際に次の動画をご覧になっていただければ何が違うのか理解できると思います。
ストリートビューを撮影するための機材はいくつかあります。
最近Googleで基準が緩和されたため小型の360度カメラでも撮影が可能です。
携帯性が良く撮影方法が簡単なこともあり当社も所有しているのですが、品質においてはやはり一眼レフにかないません。
特に解像感やゆがみ、明暗差で大きな差がつきます。
(良くないカメラと言っているわけではありません。携帯性も良く、とてもお気に入りなのですが品質は一眼レフには敵いません)
趣味でご利用ならともかくライバル店と比べられるストリートビューでは、品質がお店の競争力になるので重要です。

当社はストリートビューがお店フォトという名称の頃から今日まで、消費者に喜ばれるパノラマを目指して考え、そして撮影スタイルを確立してきました。
お店フォト当時はフォトグラファーのレベルにゴールド、グリーン、イエロー、レッドとランク付けされレッドになると認定剥奪でした。
そんな中、品質を上げゴールドを維持する必要があったのです。
今は規制もかなり緩和されました。
初心者でもストリートビューに参入できる反面、品質の問題がトラブルを起こしています。
お金を払って導入したストリートビューが明らかに格下のライバル店より劣って見えたら憤慨するのもわかります。

一番の要因は使う機材です。
お金をもらって高品質のストリートビューを納めるなら一眼レフで撮影となります。
写真を撮ることを目的に長い年月磨かれてきたカメラやレンズです。
コンパクトなレンズのついたカメラでは超えることができない画質を提供してくれます。

第二に撮影方法です。
スマートフォンで見られることが多いストリートビューで進行方向を指す矢印が実際の進行方向に正確に向いていないと素人くさく見えてしまい残念です。
これは撮影時に機材のセッティングをちゃんとできていないこと、撮影する場所が悪いことがあげられます。

どんなパノラマを制作できるかは制作実績のページをご覧ください。

当社の品質はこちらからご確認ください

違いがわかりやすいように全画面HDで見てください。ストリートビューのパノラマは4枚の写真をつなげて1枚にするのですが、品質はその4枚の写真がキレイにつながっているかというのが大切です。

違いがわかりやすいように全画面HDで見てください。パノラマの画質や歪みなど品質は機材によってかなり違います。お店で長く使うストリートビューですから予備知識を持って品質を見極めましょう!