Google検索された時に目立って表示されるのが「Googleマイビジネス」です。

お店の広告を見たときに消費者は名前で検索したり、業種で検索します。
その時に使われる検索エンジンはほとんどがGoogleなのですが、
Google検索された時に目立って表示されるのが「Googleマイビジネス」です。

消費者が広告を見た後、店名で検索をしたらこのような画面が出てきます。
Googleマイビジネス登録をしておくと右側の赤の枠で囲った部分にお店の基本的な情報が表示されます。
その最上部の地図の部分がGoogleマップにリンクされています。
Google検索をした時にこのGoogleマイビジネスが出てこないと、それだけでライバル店より不利な状況となります。

Googleマイビジネスが無いとマップも出てこないのですが、
消費者はマップが無いと不便と感じその時点で候補から除外してしまう場合があります。
情報提供を怠るとライバル店との比較で負ける要素作ってしまいます。

Googleマップと並び、Googleマイビジネスの中に表示される要素で大切なのがストリートビューです。
Googleはより便利なサービスを提供するためストリートビューの室内版の提供を始めています。
外観、内観をVRで提供するため「ビル探し」「お店探し」で迷ったりしないと同時に、お店の中の雰囲気が事前に分かるので消費者は便利と感じます。
ストリートビューとGoogleマップは消費者に必要とされる基盤(インフラ)となり、
広告と消費者の来店の間にある情報のかたまり
です。
スマートフォンが普及しきった現在はGoogleマップとGoogleストリートビューは広告の前に構築しておく絶対に外してはいけないインフラとなりました。

広告のための基盤(インフラ)作りの第一歩、Googleマイビジネスに登録しましょう。
登録は簡単で無料です。

Googleマイビジネス